PIVOの実用化は近い? EV向けホイール機構、NTNが開発

自動車 ビジネス 企業動向
NTNは19日、インホイールモータ方式のEV(電気自動車)向けに「インホイール型モータ内蔵アクスルユニット」と「電動ブレーキユニット」、「多軸荷重センサ」を組み合わせた世界最軽量の「インテリジェント・インホイール」を開発したと発表した。

インホイールモーターは、車の各輪の駆動力を個別に制御する方式で、車両安定性の向上が図れるが、重量が重くなることが課題だった。

今回開発したインテリジェント・インホイールは、小型・高速・高出力・高効率モータと高減速比・高速・高負荷容量減速機の組合せをコンセプトに開発。高精度磁気式角度センサを内蔵したインホイールモータと電動ブレーキを制御し、回生と車両安定性を制御、燃費と運転時の安全性の向上を図る。

インテリジェント・インホイールに各種のバイ・ワイヤー技術を組み合わせたインホイールモータ方式のEVは、バッテリーやモーターのスペースを取らないため、車両の設計やデザインの自由度が飛躍的に高まる。

日産自動車のコンセプトカー『PIVO』のように高度な駆動制御により横方向への移動やその場での旋回なども可能で、これまでの自動車の概念を大きく変える可能性を持つ。

同社では今回開発した商品を2012年から市場投入を目指す。5月21日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」にも出展している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【人とくるまのテクノロジー10】スバル、新型アイサイトを出展 画像 【人とくるまのテクノロジー10】スバル、新型アイサイトを出展
  • 【東京モーターショー07】日産 ピボ2 …女性が乗って完結するデザイン 画像 【東京モーターショー07】日産 ピボ2 …女性が乗って完結するデザイン
  • 住友電工、HV・EV向けチョークコイル用圧粉磁心を開発…電源デバイスを小型化 画像 住友電工、HV・EV向けチョークコイル用圧粉磁心を開発…電源デバイスを小型化
  • 慶應大とガリバー、インホイールモーターEVを完成 画像 慶應大とガリバー、インホイールモーターEVを完成

特集