【東京モーターサイクルショー10】キムコ、180万円のスワロフスキーバイク

自動車 ニューモデル モーターショー
10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
  • 10万粒のスワロフスキでデコレーションー…キムコ
台湾のバイクメーカー、キムコは、26日に開幕した「第37回東京モーターサイクルショー」にデコレーションバイクを展示した。

これは同社のスクーター『ミッチ』の発売記念企画として、デコレーション界で注目の「デコキッス」とのコラボレーションによって製作されたもので、ボディ全面にスワロフスキーを何と10万個をちりばめたもの。

「1個1個手作業でつけていったので、2カ月かかりました」とキムコ・ジャパン統括責任者の佐藤健一氏は話し、このようなデコバイクを今後販売していくという。価格は約180万円。

「日本の二輪車市場は縮小しているので、ほかと変わったことをやらないと売れないと考えたんです。そこで、デコバイクとして、自分がデザインしたものがバイクになればユーザーを引きつけられるのではないかというわけです」

佐藤氏によれば、キムコは今年で日本参入8年目を迎え、年々厳しくなっているとのこと。2年前まで年間1万台ほど販売していたが、昨年は約6000台まで落ち込んでしまった。そこで、なんとか盛り返そうと、今年11台の新車を日本に投入する計画だ。

それにはまずキムコのバイクが注目される必要があると考え、起爆剤的な狙いを込めてデコバイクを販売することしたわけだ。まずは“萌えの聖地”秋葉原でデコバイクを展示し、女性の反応を見るそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース