新日石、太陽光を最大限利用するSSをオープン

自動車 ビジネス 国内マーケット
新日本石油は26日、愛知県豊明市に太陽エネルギーを最大限に活用する近未来型のサービスステーション「創エネSS(サービスステーション)Dr.Driveセルフ豊明栄店」をオープンした。ENEOSフロンティアが運営する。

創エネSSは「翼」をイメージさせるキャノピーデザインと太陽光発電モジュールの先進性を調和した次世代サービスステーションのコンセプトモデル。キャノピーは、光透過型を含む太陽光発電モジュールと一体化した構造で、サービスルームの屋根には太陽光発電と太陽熱空調をハイブリッド化した「ルーフインテグレートシステム」を設置する。

太陽光発電で得られた電力は、サービスステーションで使用する電力の一部で賄うとともに、電気自動車への給電にも利用する。光透過型太陽光発電モジュールを計量機上部に配置したことで照明用電力量の削減と、太陽熱空調によるサービスルーム内の暖房も行うことで、消費電力を約12%削減し、年間約14tのCO2排出量を削減する。

創エネSSは今後「新しい太陽光発電システムのショールーム」としても活用していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 旭ダイヤモンド、ダイヤモンドワイヤを増産へ 太陽光発電増加など 画像 旭ダイヤモンド、ダイヤモンドワイヤを増産へ 太陽光発電増加など
  • 【OSAKA ゆめライド】太陽光発電システム採用で環境にも優しい 画像 【OSAKA ゆめライド】太陽光発電システム採用で環境にも優しい
  • 東京世田谷にソーラー駐輪場…コミュニティサイクルに導入 画像 東京世田谷にソーラー駐輪場…コミュニティサイクルに導入
  • 【インタビュー】EVはライフスタイルを変えます…日産フランソワ・バンコン部長 画像 【インタビュー】EVはライフスタイルを変えます…日産フランソワ・バンコン部長

特集

おすすめのニュース