【ルノー ルーテシア 改良新型】ワンクラス上のクルマに仕上げる

自動車 ニューモデル 新型車
ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
  • ルーテシア
ルノー『ルーテシア』のマイナーチェンジモデルのコンセプトワードは“フレンチエレガンス”。その“フレンチ”にはスタイリッシュ(デザイン)、シュペリアー(インテリアと走行性能)、セーフティ(安全性)の3つの“S”が込められているという。

その中のひとつ、“シュペリアー”は上質な室内空間と快適な走行性能を意味する。ルノー・ジャポンのマーケティング部商品計画グループのフレデリック・ブレンさんはクラスを超えた居住空間だ、と誇る。

「ワンランク上の居住空間を作り出すためにホイールベースはワンクラス上のモデルと同等の2575mmとしました。また、エアコン送風口の風量ダイヤルは通常四角だったりするのを、ルーテシアではスカッシュボールを模したものとなっており、これもひとつのフレンチエレガンスなのです」という。

また、ルノーの特徴のひとつとして出来の良いシートがあげられる。「長い距離だけではなくて、長い時間座っても飽きない疲れないシート。しかも10万km、20万km乗ってもへたらないシートとなっているのです」とマイナーチェンジ後もこのルノーの特徴が受け継がれているとブレンさんは話す。

“セーフティ”はユーロNCAPでクラス初の5つ星を獲得しているとともに、アクティブセーフティでは今回よりESP(横滑り防止装置)を全車標準装備。また、6つのエアバッグを装備している。さらにフロントドアにはルノー初のアルミ製ドアビームを採用。通常の鋼材のビームと比較し同等の強度を持ちながら軽量化されているという。

ブレンさんは、「このクルマのオーナーになったとき、コンパクトカーだと思わせないように仕上がっているのです」と語った。
《内田俊一》
【画像】【ルノー ルーテシア 改良新型】ワンクラス上のクルマに仕上げる(10枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース