【ホンダ CR-Z 発表】他車からもってきたもの、このために造ったもの

自動車 ニューモデル 新型車
CR-Z新型
  • CR-Z新型
  • CR-Z新型
  • CR-Z新型
  • CR-Z新型
  • CR-Z新型
  • CR-Z新型
  • CR-Z新型
ホンダ『CR-Z』は、『インサイト』をベースにしたハイブリッドのスポーツカー。こういう見方は正しいとも言えるが、実際にはインサイトとはまったく別モノのクルマと言ってもいい。

というのもインサイトからの部品流用は2割(より正確には22%とか)に過ぎないのだ。その主なものはハイブリッドシステムを始めとするパワートレインや操舵システムなど。ホンダの他車からの流用でさらに2割、つまり残りの6割は専用部品を新たに開発したのである。エンジンも『フィット』がベースとは言っても、ヘッド部分は新たに作り直し。

サスペンションはもっと凝っている。ボディの全幅を増やしてトレッドを広げるために、サスペンションアームはアルミ鍛造の専用品を奢っている(フロント)。しかもホイールも空力を追求しながら軽量化することによって、それを支えるアームも軽量化を達成したのだ。ロングスパンのアームながら4kgも軽量化できたのは、インサイトに比べ4本で5kgも軽いアルミホイールのおかげなのである。

初代インサイトのファンには、MTが設定されたことも嬉しいニュースだが、この6速MTも専用品だ。ベースになっているのは北米仕様の『シビック』のMTだが、内部はかなりイジっている。スポーツドライビングで頻度が高い、2速のシンクロナイザーリングはダブルコーンとし、3速はシングルコーンながらギアとの慴動面にカーボンを貼ってシンクロ容量を高めている。シフトストロークも短めの設定で、シフトワークが思いのままに決まる、そんなこだわりの6速MTなのである。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース