【東京マラソン2010】ホンダ陸上部 藤原正和が日本人初優勝

「ペースが遅かったので、ずっと余裕があった」。藤原正和選手は淡々とした様子で、走り終えた後の感想を語った。結果は偉大。東京マラソン4回目にして初めての日本人優勝者となった。過去3回は、招待の外国人選手らに日本人選手はかなわなかった。

自動車 社会 社会
「ペースが遅かったので、ずっと余裕があった」。藤原正和選手は淡々とした様子で、走り終えた後の感想を語った。結果は偉大。東京マラソン4回目にして初めての日本人優勝者となった。過去3回は、招待の外国人選手らに日本人選手はかなわなかった。

記録は2時間12分19秒。先頭集団の後続に潜伏しながらスタミナを温存。40km過ぎから渾身の勝負をかけた。一週間後に29歳の誕生日を迎える藤原選手自身の大きな贈り物となった。

藤原選手は、兵庫県出身。中央大学卒。ホンダ陸上部所属。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース