【三菱 RVR 新型発表】日産の遊牧民を追う三菱のカワセミ

自動車 ニューモデル 新型車
RVR
  • RVR
  • RVR
  • RVR
  • RVR
  • RVR
  • デュアリス
三菱の新型コンパクトSUV『RVR』は、日産『キャシュカイ』(イランの遊牧民の名、日本名『デュアリス』)の成功をヒントに市販化にこぎつけたクルマだ。

同社は、キャシュカイの、とくに欧州での好調ぶりを見て、コンパクトSUV市場に向けた商品の市販化を加速化させ、新型RVRを登場させた。『アウトランダー』をベースに、FWDベースのレイアウトやサイズなどをキャシュカイとほぼ同じにし、価格をキャシュカイよりも1割ほど安く設定したクルマだ。

「コンパクトSUV市場を拡大させているけん引役のひとつのキャシュカイは、これまで世界的にウケてきた。今後もこの市場は拡大傾向にあり、キャシュカイはRVRの競合車であると同時にベンチマークととらえている」(三菱)

三菱は、RVRを欧州・北米・中国に向けた世界戦略車と位置づける。キャシュカイの英国日産サンダーランド工場のように、現地生産の予定はあるのか。

「中国、欧州、北米という順に販売を開始していく予定だが、生産は当面国内の工場でまかなっていくだろう。現地生産も視野に入れているが、売れ行きや市場動向による」と同社。

キャシュカイは、2007年に欧州で発売が開始され、およそ半年の間に日本で1万台弱、欧州で6万台弱も販売された。三菱は、世界販売台数の目標を年間8万 - 10万台としているが、日産の遊牧民を追う三菱のカワセミの登場でコンパクトSUV市場はさらに加熱しそうだ。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 日産 ジューク 誕生、日本デビューは初夏 画像 日産 ジューク 誕生、日本デビューは初夏
  • 【ジュネーブモーターショー10】フォードの小型SUVが新型ディーゼル搭載…クーガ 画像 【ジュネーブモーターショー10】フォードの小型SUVが新型ディーゼル搭載…クーガ
  • 【東京モーターショー07】三菱 Concept-CX…市販したい 画像 【東京モーターショー07】三菱 Concept-CX…市販したい

特集