【BMW グランツーリスモ 発表】何にも似てない特別感

自動車 ニューモデル 新型車
5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
  • 5シリーズ グランツーリスモ
BMWは、昨年11月末より予約を開始した『5シリーズグランツーリスモ』の販売を1月より開始している。同社関係者は「1000台、2000台と売れるタイプの車ではない」としながらも「ディーラーに供給したデモカーまですぐに売れてしまう」と好調ぶりを語る。

5シリーズグランツーリスモは、名前こそ「5シリーズ」としながらも1クラス上の『7シリーズ』のシャシーを採用し、居住空間を大幅に高めたラグジュアリーカー。後部を2段階に開閉可能なハッチバックとすることで、これまでにない新たなクルマを作り上げた。「セダンでもワゴンでもSUVでもなく、グランツーリスモという新たなジャンルのクルマです」と同社は語る。

グランツーリスモを選ぶ人の傾向として、やはり「何にも似ていない特別感」を挙げる人が多いのだと言う。職業で言うと、建築家やデザイナー、自営業オーナーなど、人とは違う個性的なクルマに乗りたい、という層がメインターゲットだとしている。また、7シリーズ同様のゆとりある後席と走り、高級感あるインテリア、広い荷室を備えることから、ショーファーカーとしての需要もあるという。

個性的なクルマであるがゆえ、既存モデルからの乗り換えは「あまり期待していない」ようで「これまでBMWを選ばなかった新規顧客を獲得したい」(同)としている。

ラインナップは3.0リットル直6の「535iグランツーリスモ」と、4.4リットルV8の「550iグランツーリスモ」の2種類。販売台数の内訳は「535iが7 - 8割だろう。性能としては3.0リットルで十分。エコ志向の高まりからより小型のエンジンを選ぶ傾向がある」として、高級ラグジュアリーセグメントにもダウンサイジング化の波が押し寄せつつあると語った。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ Cクラス 一部改良…環境性能ばかりではない 画像 メルセデスベンツ Cクラス 一部改良…環境性能ばかりではない
  • ボルボ S60 新型、日本導入は2011年春 画像 ボルボ S60 新型、日本導入は2011年春
  • 【アウディ A5スポーツバック 日本発表】写真蔵…実用性とエレガンスの両立 画像 【アウディ A5スポーツバック 日本発表】写真蔵…実用性とエレガンスの両立
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース