セアト イビーサ にワゴンボディ登場

自動車 ニューモデル 新型車
イビーサST
  • イビーサST
  • イビーサST
  • イビーサST
  • イビーサST
  • イビーサST
スペインに本拠を置くフォルクスワーゲングループのセアトは3日、『イビーサST』を発表した。ハッチバックのみだった『イビーサ』に加わるステーションワゴンだ。

イビーサは、セアトの主力小型ハッチバック。2008年に登場した4代目は、フォルクスワーゲン『ポロ』やアウディ『A1』とプラットフォームを共用している。ボディは5ドアと3ドアで、どちらもハッチバック。第3のボディとして設定されるのがワゴンである。

セアトは2009年9月、フランクフルトモーターショーで『IBZコンセプト』を披露。イビーサSTは、このコンセプトカーを市販化したものだ。ハッチバックのイビーサに対して、リアオーバーハングを延長。実用的な荷物スペースを備えるステーションワゴンに仕上げている。

ボディサイズは、全長4230mm。これはハッチバックよりも約180mm長い。フロントマスクは、ハッチバックと共通だが、リアはテールランプのデザインを専用として、個性を与えた。荷室容量は430リットル(VDA計測法)を確保し、サブトランクや簡単に倒せるリアシートなど、高い機能性を追求。大きなゲート開口部や低めに抑えられたフロア地上高が、荷物積載時に威力を発揮する。

エンジンは、フォルクスワーゲンから供給を受けるガソリン3、ディーゼル3の合計6ユニット。ガソリンは1.2リットル直4ターボ「TSI」(105ps)、ディーゼルは1.2リットル直4ターボ「TDI」(90/105ps)などを用意する。グレードは装備内容の違いによって、「リファレンス」「スタイル」「スポーツ」の3仕様となる。

イビーサSTは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表。欧州主要国では、初夏から販売が開始される。セアトは主に若い世代をターゲットに、イビーサSTをアピールする方針だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー10】ベルトーネ、新型アルファロメオをデザインか? 画像 【ジュネーブモーターショー10】ベルトーネ、新型アルファロメオをデザインか?
  • 【フランクフルトモーターショー09ライブラリー】セアト IBZコンセプト 画像 【フランクフルトモーターショー09ライブラリー】セアト IBZコンセプト

特集