シトロエン DS3 日本公開…ビークルパーソナリゼーション

自動車 ニューモデル 新型車
DS3
  • DS3
  • DS3
  • DS3
  • DS3
  • DS3
3月より予約受付が開始されるシトロエン『DS3』の最大の特徴は、その受注方法にある。

それは、“ビークルパーソナリゼーション”といい、ボディカラー、ルーフカラーを始め、シートの材質等様々な仕様、装備をユーザーの好みに応じて様々な組み合わせによる注文が可能なシステムである。日本では初代トヨタ『セリカ』や初代日産『セフィーロ』に同じような注文システムがあった。

プジョー・シトロエン・ジャポン、マーケティング部商品企画グループ、関博幸さんは、「例えばボディをグレー、ルーフをワインレッドにして、アルミホイールをシルバー、センターキャップの色をルーフと同じ色に揃えたりできます。また、キーカバーもルーフカラーやボディカラーとコーディネーションして選べたり、ルーフステッカーも何種類か用意しています。ボディの色によっては非常に大胆で面白いデザインになるステッカーもあります。これ以外にも、ドアミラーなど変えて行くことが出来るのです」と語る。

そして、「プジョー・シトロエン・ジャポンとして、リコメンデーションプラン(推奨プログラム)を作ってお客様に勧めながら、それでは満足できない方は別の形で色々な受注生産というスタイルを取っていくようにします」とシステムの体制を語った。
《内田俊一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース