VW ルポ が燃料漏れ

自動車 テクノロジー 安全
フォルクスワーゲングループジャパンは20日、『ルポ1.4』「VWルポ1.4」計2車種の燃料パイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(改修・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2001年4月6日 - 02年8月12日に輸入された6373台。

燃料パイプの形状が不適切なため、燃料ポンプの吐出口に押す力が加わり、燃料ポンプの樹脂パイプに亀裂が生じ、燃料が漏れるおそれがある。

全車両、燃料パイプの固定位置を調整しケーブルバインダーで固定する。また、燃料漏れがあるものは、燃料ポンプを新品と交換する。

不具合発生件数は27件で、市場からの報告で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【カーエレ10】浜松100%のEVを目指す…Takayanagi 画像 【カーエレ10】浜松100%のEVを目指す…Takayanagi
  • シトロエン DS3 日本公開…シトロエンの新たな一歩 画像 シトロエン DS3 日本公開…シトロエンの新たな一歩
  • スズキ ハスラー など、前席シートベルトにたるみ…7万台をリコール 画像 スズキ ハスラー など、前席シートベルトにたるみ…7万台をリコール
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース