35年ぶりに発見!! 盗まれたVWバス

米国で盗難に遭って35年ぶりに見つかったフォルクスワーゲン『バス』(正式名:『タイプ2』)。奇跡の1台が18日、チャリティオークションにかけられた。

自動車 社会 社会
米国で盗難に遭って35年ぶりに見つかったフォルクスワーゲン『バス』(正式名:『タイプ2』)。奇跡の1台が18日、チャリティオークションにかけられた。

このフォルクスワーゲン『バス』は1965年製。今年10月19日、ロサンゼルスのロングビーチ港で、オランダ行きのコンテナの中から発見された。アリゾナ州のレストア業者が複数のフォルクスワーゲン車を輸出しようとしていたが、税関職員が車体番号を照会したところ、その中の1台が盗難車であることが判明したのだ。

驚くのは盗難届けが出されたのが、1974年7月12日だったこと。万博開催で賑わうワシントン州スポーケンで盗まれた1台だった。多くのマスコミが「盗難車、35年ぶりに発見」と報じ、ちょっとした騒ぎとなった。

通常、盗難車が発見されるケースでは、車両が元の状態で戻ることは少ない。部品を取られたり、あちこちぶつけられたりして、無残な姿で見つかる場合が多いのだ。しかし、このフォルクスワーゲンバスはフルレストアされ、新車のようなピカピカ状態で発見された。だからこそ、「奇跡の1台」として、メディアで取り上げられる話題となったのである。

ところが所有者の女性は、盗難被害に遭った当時、契約を交わしていたオールステート保険会社に連絡し、保険金を受け取っていた。そのため、このフォルクスワーゲンバスは、警察から法的に所有権を持つオールステート保険会社へ引き渡されることになったのだ。

そして、同保険会社は思案の結果、このフォルクスワーゲンバスをオークションへ出品することに決めた。オドメーターは12万4000kmを刻んでいるが、フルレストアされているだけに、40年以上前に生産されたとは思えないコンディションを維持。詳しい落札金額は明らかにされていないが、2万5000ドル(約230万円)以上の値が付いたと見られている。その収益は全額、ホームレス女性とその子ども達を支援する基金に寄付されるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アルソック、車両盗難や車上あらしを通報するサービスを開始 画像 アルソック、車両盗難や車上あらしを通報するサービスを開始
  • 横浜ゴム LIVEecoMOTION…チャリティ募金をWWFジャパンに寄付 画像 横浜ゴム LIVEecoMOTION…チャリティ募金をWWFジャパンに寄付

特集