アントニオ猪木がルート案内、闘魂ナビ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ナビゲーション起動画面。オープンングにはあのテーマ曲が流れる
  • ナビゲーション起動画面。オープンングにはあのテーマ曲が流れる
  • メインメニュー画面
  • 背面にはアントニオ猪木氏のサインが入る
音声データの追加変更が可能なカーナビゲーション『MAPLUS』を販売するエディアは、シリーズの最新モデルとして、アントニオ猪木氏とコラボレーションしたポータブルナビ『MAPLUS 闘魂ナビ』を2010年1月1日より発売する。猪木氏本人の声でナビをしてくれのはもちろん、起動時に猪木氏のあのテーマ曲が流れるなど、ファンならずとも熱くなれる商品だ。

MAPLUS闘魂ナビは、2010年にデビュー50周年を迎えるアントニオ猪木氏を記念したモデル。本人自らが製作に参加したという同モデルは、同氏が代表を務めるIGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション株式会社)が監修した公認モデルとなっている。

MAPLUS闘魂ナビは、アントニオ猪木氏本人の音声によるルート案内、ナビゲーションのオープニングBGMにテーマ曲「炎のファイター - INOKI BOM-BA-YE - 」を採用、自車アイコンに3種類のアントニオ猪木アイコン(ショートタイツ、ガウン、スーツの3種類)を設定できること、などが特徴だ。

また、本体表面に「A.Inokiロゴ」、裏面にはサインが入るほか、「猪木ヒストリー」として約50枚の名場面スライドショーを搭載する。

市場想定価格は2万9800円。

また、アントニオ猪木氏による音声データは、MAPLUSオフィシャルサイト「MAPLUS.web」でダウンロード販売を行う予定で、既存のMAPLUSユーザーも猪木氏による音声案内を楽しむ事ができる。開始日は現在のところ未定。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • 【カーナビガイド ’09 開発者インタビュー】「開発側からユーザーに問う」…エディア MAPLUSポータブルナビ3 画像 【カーナビガイド ’09 開発者インタビュー】「開発側からユーザーに問う」…エディア MAPLUSポータブルナビ3
  • 「ハヤテのごとく!!」キャラのきせかえが登場 MAPLUS ポータブルナビ3向け 画像 「ハヤテのごとく!!」キャラのきせかえが登場 MAPLUS ポータブルナビ3向け
  • 携帯でEV充電スタンド検索 カーライフナビ e燃費がサービス開始 画像 携帯でEV充電スタンド検索 カーライフナビ e燃費がサービス開始

特集