ベントレー コンチネンタルSS…85%のリサイクル率達成

自動車 ビジネス 企業動向
コンチネンタル スーパースポーツ
  • コンチネンタル スーパースポーツ
  • コンチネンタル スーパースポーツ
  • コンチネンタル スーパースポーツ
  • コンチネンタル スーパースポーツ
  • コンチネンタル スーパースポーツ
  • コンチネンタル スーパースポーツ
ベントレーは8日、『コンチネンタルスーパースポーツ』がドイツKBA(政府自動車局)から、リサイクル可能率85%と認定されたことを明らかにした。高級車としては、最もリサイクル率の高いモデルとなる。

コンチネンタルスーパースポーツは、2009年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。エンジンは『コンチネンタルGTスポーツ』の6.0リットルW12ツインターボをベースに専用チューンされ、最大出力630ps/6000rpm、最大トルク81.6kgm/1700 - 5000rpmを発生する。

燃料はガソリンだけでなく、E85バイオ燃料にも対応。E85燃料はガソリン85%に植物由来のバイオエタノール15%を混合した燃料で、CO2排出量は最大70%低減できるという。

トランスミッションはZF製の6速ATの「クイックシフト」。駆動方式はフルタイム4WDだ。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は329km/hと、ベントレー90年の歴史において、最強、最速のパフォーマンスを実現する。

このコンチネンタルスーパースポーツが、ドイツKBA(政府自動車局)から、リサイクル可能率85%と認定。『コンチネンタル』シリーズは2009年5月、KBAから85%のリサイクル率認定を受けたが、今回、最新モデルのコンチネンタルスーパースポーツも、同じリサイクル率と認められた。

ベントレーは再生パーツの使用と、車両そのもののリサイクルに積極的。生産工程においても、ガス、水、電気の使用量を、過去9年間で約4分の1に減らしている。

ベントレーは2012年までに燃費の45%改善とCO2排出量の15%削減を目標に掲げる。そのために2012年までに、全車をバイオ燃料に対応させる計画だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース