太陽電池で充電する駐輪場 三洋電機が納入

エコカー ハイブリッド
スマートエナジーシステム「ソーラー駐輪場」
  • スマートエナジーシステム「ソーラー駐輪場」
三洋電機は、2010年春に世田谷区(東京都)に、太陽電池とリチウムイオン電池を組合わせた「ソーラー駐輪場」と、電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」を納入する。

納入するシステムは、駐輪場の屋根に取り付けた太陽電池で発電した電気を蓄電し、電動ハイブリッド自転車の電池に充電したり、駐輪場の照明の電力に利用するもので、化石燃料を一切使わない、完全独立型のクリーンなシステム。世田谷区内の京王線・桜上水駅の駐輪場屋根に、約46平方メートルの「HIT太陽電池パネル」7.56kWを設置する。全体で40台分のエネループバイクの充電と、駐輪場のLED照明の電力として使用する。

HIT太陽電池パネとリチウムイオン蓄電システムを組み合わせることで、太陽光が照射されない夜や雨の日でも商用電源を使うことなく、電動ハイブリッド自転車を充電できる。また、リチウムイオン蓄電システムにはACコンセントを搭載しており、緊急時には非常用電源として、外部機器への電源供給も可能。さらにこのシステムには、DC(直流)で発電・蓄電した太陽エネルギーをAC(交流)に変換することなく、ダイレクトに効率よく活用できる「DC充電器」、システム全体の稼動状況を離れた場所からでも確認することができる「ワイヤレス遠隔モニタリングシステム」も搭載する予定。

CO2排出量の最小化、電力の需給安定化を図りながらクリーンエネルギー社会の実現を目指す。

世田谷区では、自動車から自転車へのシフトを図り、低炭素社会実現に向けた取組の一環として、今回の導入を決めた。世田谷区ではレンタサイクルポートとして運用する。

今回のシステムは12月10日から東京ビッグサイトで開催されるエコプロダクツ2009の三洋電機ブースに展示する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、自転車シミュレーター発売…増加する死亡事故対策 画像 ホンダ、自転車シミュレーター発売…増加する死亡事故対策
  • 名古屋で電動アシスト自転車を使った観光事業 JTBが開始 画像 名古屋で電動アシスト自転車を使った観光事業 JTBが開始

特集