ダイヤモンド電機9月中間期決算…クライスラー破たんなどで赤字転落

自動車 ビジネス 企業動向
ダイヤモンド電機が発表した2009年9月中間期の連結決算は、営業損益が7400万円の赤字となった。前年同期は1億7800万円の黒字だった。

内外で自動車機器事業が大幅減となったことから、売上高は前年同期比26.2%減の129億4500万円となった。特に経営破たんしたクライスラーグループの生産停止で受注が落ち込んだことが影響した。

収益でも売上げ減の影響で経常損益は1億5600万円の赤字だった。当期損益は2億8300万円の赤字となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • クライスラー、新経営計画公表…2014年までに販売を倍増 画像 クライスラー、新経営計画公表…2014年までに販売を倍増
  • クライスラー、4ブランド体制に…『ラム』誕生 画像 クライスラー、4ブランド体制に…『ラム』誕生
  • GM、オペルの売却中止を正式発表---自主再建へ 画像 GM、オペルの売却中止を正式発表---自主再建へ

特集