マツダ CX‐7、英国ではディーゼルオンリー

自動車 ニューモデル 新型車
CX-7 マイナーチェンジモデル
  • CX-7 マイナーチェンジモデル
  • CX-7 マイナーチェンジモデル
  • CX-7 マイナーチェンジモデル
  • CX-7 マイナーチェンジモデル
  • CX-7 マイナーチェンジモデル
英国マツダは26日、『CX-7』のマイナーチェンジ仕様を英国で発売した。エンジンはガソリンを廃止し、新開発2.2リットル直4ターボディーゼルに1本化。ディーゼルが主流の市場で、拡販を狙う。

マツダは2006年、新型クロスオーバーとしてCX-7を発表。エンジンは『マツダスピードアテンザ』から流用したMZR型ガソリン直噴2.3リットル直4ターボ(244ps、35.7kgm)で、スポーティな走りを訴求した。

2009年2月のカナダモーターショーでは、マイナーチェンジモデルを初公開。内外装をリファインし、商品力に磨きをかけている。

フロントはバンパーを変更し、5ポイントグリルを大型化。新型『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)や『MX-5』(日本名:『ロードスター』)にも通じるマツダのファミリーフェイスを構築する。リアもバンパーが新デザインに変更された。

インテリアはステアリングホイール、メーター、インパネセンターのデザインを一新し、質感がアップ。インパネセンターの最上段には2種類のモニターを新設し、ドライバーに情報を的確に伝える。ボディ剛性のアップやサスペンション設定の見直しで、ハンドリングが向上。NVHや風切り音の低減によって、静粛性も引き上げられている。

欧州向けのマイナーチェンジモデルは、9月のフランクフルトモーターショーで発表。新開発の「MZR-CD」型直噴2.2リットル直4ターボディーゼルがハイライトだ。

このエンジンはSCRシステムを導入。尿素水「AdBlue」を触媒の手前の排気管内に噴射し、排出ガスと化学反応させることで、排出ガス中の窒素酸化物を約40%も削減する。従来はトラックなどの大型車に採用例があるが、マツダはシステム全体の小型・軽量化に成功し、日本メーカーとして初めて乗用車への搭載を実現した。

最大出力は173ps、最大トルクは40.8kgm。ディーゼルならではの大トルクは、ガソリン2.3リットルターボを上回る。欧州複合モード燃費は13.3km/リットルで、排出ガス性能はユーロ5に適合。0-100km/h加速は11.3秒、最高速は199km/hと動力性能も充分だ。

英国では今回のマイナーチェンジを機に、ガソリンを廃止し、ディーゼル1機種に集約。現地価格は2万5785ポンド(約387万円)だ。英国のベストセラーSUV、日産『キャシュカイ』(日本名:『デュアリス』)がガソリンとディーゼルの両方を用意していることを考えると、CX-7のグレード構成はシンプルかつ大胆。果たして、マツダの戦略は吉と出るか?
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース