【東京モーターショー09】リアフェンダーの造形美…ホンダ CR-Z

自動車 ニューモデル モーターショー
CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
第41回東京モーターショーに出品されるホンダ『CR-Z』。このエクステリアデザインは非常に豊かな面で構成されている。特にリアフェンダーは特徴的である。

このクルマのデザインを担当したデザイン開発室第1ブロック1スタジオ主任研究員、名倉隆さんは「リアフェンダーにかかるラインを極力少なくしたいというのがありました」と語る。

「フェンダーからのラインを上に持ってくることによって、リアフェンダーの抑揚あるサーフェイスを邪魔しない位置になるし、ラインを消しやすいというのもありました。リアフェンダーの、生きているような造形がきれいに見えるようになったのです」という。

「この面の変化を出したいということと、ウェッジシェイプを利かせたいことがあって、ラインを上に持ってくるというのは両方で好都合だったのです」

また、会場ではぜひこのリアフェンダーにも注目してほしいと語る。「このリアフェンダーは光の加減によって変化する、非常に豊かなイメージを持っています。こういう効果を狙いたかった。ラインを入れなくてもこういう表情を出したかった」。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集