【ベントレー スーパースポーツ 発表】110kg減量の内訳、早くも4シーター登場

自動車 ニューモデル 新型車
コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ、有償オプションの4シーターモデル例
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
  • コンチネンタル・スーパースポーツ
ベントレー『コンチネンタル・スーパースポーツ』は、『コンチネンタルGTスピード』よりも110kgの軽量化を実現させている。同社はこの110kg減量の内訳をシートで45kg、インテリアで26kg、カーボンブレーキで20kg、ホイールで10kg、シャシーで9kgと公表している。

軽量化に最も貢献しているシート周り。GTスピードにあった後席は外され、「リアコンパートメント」(荷物室)となった。そこにはカーボンファイバー製クロスビームが配されるが、これは剛性アップではなく、「衝突時や急ブレーキなどのさいに荷物が前席へ飛び出ないようにするためのもの」(同社)だという。

1シートあたり21kg軽量化されたという軽量スポーツシートは、カーボンファイバーのクラムシェル型リアパネルを装備。GTスピードに見られるような一体化されたシートベルトを備えていないため、シートベルト固定点がBピラーのポスト上に移されている点もスーパースポーツだけの特徴のひとつ。

インテリアにもカーボンファイバー素材を積極的に採用し26kg減。さらに、大型軽量ディスク(直径がフロント420mm、リア356mm)を採用するブレーキ周りでも20kg減と続く。

スーパースポーツは、完全な2シーターモデルだが、本年度フランクフルトモーターショーでは、同車の有償オプションとなる4席モデル(664万9000円)も発表された。同社はこの有償オプションを「名実共に“このセグメント最強の4シータークーペ”と言えるのでは」とPRしていた。
《大野雅人》
【画像】【ベントレー スーパースポーツ 発表】110kg減量の内訳、早くも4シーター登場(9枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース