マツダ、スタジアム来場者100万人記念で福祉車両を寄付

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ ビアンテ オートステップ車
  • マツダ ビアンテ オートステップ車
マツダは、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の累計来場者数が8月1日に100万人を達成したことを受けて9月29日に福祉車両の贈呈式を行った。

贈呈式は同球場で、プロ野球セントラルリーグ公式戦の広島東洋カープ対横浜ベイスターズの試合開始前に行われ、マツダから稲本信秀常務執行役員が参加し、広島市社会福祉協議会が選定した「はぐくみの里・ワークプラザひがし」の代表者にマツダ『ビアンテ・オートステップ車』1台を贈呈した。

マツダは、広島市民球場の命名権応募の際、社会貢献活動の一部として、来場者数100万人の節目ごとに、マツダ製福祉車両を社会福祉団体に1台贈呈することを広島市に提案し、採用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集