【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW パサートCC にもスポーティな Rライン
フォルクスワーゲンは15日、フランクフルトモーターショーで、欧州向けの『パサートCC』に「Rライン」を投入した。同時設定された『ゴルフ』や『シロッコ』と同様に、数々の専用装備を導入。内外装のスポーツ性を追求している。

Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社の「VWインディビジュアル」が、フォルクスワーゲンの市販車に特別チューンを施したモデル。同社は2001年の『ニュービートルRSi』を皮切りに、「ゴルフR32」、『パサートR36』、『ティグアンR50』などのモデルを発売してきた。

また最近のRラインには、内外装のドレスアップを主体にしたモデルもラインナップ。すでにパサート、ティグアンなどに、この新しい「Rライン」が用意されている。

パサートCCのRラインは、同時に発表されたゴルフやシロッコのRラインと基本的な内容は共通だ。

外観は、ボディ同色のフロントスポイラー&サイドスカートを追加。グリルはグロスブラック、テールランプがスモークで仕上げられた。アルミホイールは17インチの「Mallory」で、18インチはオプション。タイヤは235/40ZR17サイズを組み合わせる。

室内はRラインのロゴ入り3本スポークレザーステアリングホイールを標準装備。ドアシルには専用プレートが追加され、フロントにはRラインの文字をあしらっている。

4ドアクーペともいうべきスポーティなフォルムが、パサートCCの特徴。Rラインは、そのスポーツ性をいっそう高めてくれるオプションといえそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集