アバルト 500 にラリー仕様車…大胆なフォグランプ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アバルト 500 にラリー仕様車…大胆なフォグランプ
  • アバルト 500 にラリー仕様車…大胆なフォグランプ
  • アバルト 500 にラリー仕様車…大胆なフォグランプ
フィアットは25日、『アバルト500』のラリー仕様車、「アバルト500R3T」を発表した。2010年の第51回サンレモラリーに参加する顧客向けの競技専用車だ。

イタリア伝統のサンレモラリーとフィアットとの関係は深い。1977年に『131アバルト』が1-2-3フィニッシュを飾ったのをはじめ、『ウーノ』『チンクエチェント』『プント』『パンダ』などが勝利を収めている。

アバルト500R3Tは、サンレモラリーのグループ「R3T」クラス参戦用に製作されたマシン。R3Tクラスは排気量1600cc以下のターボ車で争われ、比較的ローコストで出走できるため人気が高い。

エンジンは、アバルト500用の1368cc直4ターボをチューニング。ターボチャージャーは、ギャレット製「GT1446」ジオメトリーターボとなり、最大出力は180ps/5000rpmと45ps引き上げられた。

トランスミッションは6速シーケンシャル。ツインプレートクラッチや、マルチプレートセルフロッキングディファレンシャルによって強化された。

サスペンションは、ドライバーの好みに合わせられるように、車高調整式ダンパーや角度調整式キャスター&キャンバーを採用。ブレーキはブレンボ製の4ポッド。アルミホイールはOZ製17インチで、BFグッドリッチ製19/62 - 17サイズのタイヤを組み合わせる。

室内はFIAの規定に従い、ロールケージ、バケットシート、6点式シートベルトなどを装備。最低重量は1080kgとされた。外観はラリー用の大胆な4灯フォグランプやルーフのエア導入口が目を引く。

このアバルト500R3Tの価格は未定。公道走行はできないが、フィアットはサンレモラリーの他にも、500R3Tが出走できるラリーイベントを計画している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集