ブリアトーレ、女優の前で札束をバラ撒く…ただし、そっくりさん

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

故意のクラシッシュ疑惑で、フラヴィオ・ブリアトーレ元ルノーF1マネージング・ディレクター(59歳)が9月21日にFIAからレース関与無期限禁止を宣告されたのは記憶に新しいが、彼のそっくりさんがイタリアでテレビに出演している。

これは電話会社「ウインド」のテレビコマーシャルで、そっくりさんを演じているのは、俳優のジョルジョ・パナリエッロ(48歳)だ。きっかけはパナリエッロが、イタリア公営放送RAI第1チャンネルのバラエティ番組で、ブリアトーレの物真似を演じていたことだった。

劇中の名前は「ナオモ」。これは本物のブリアトーレがモデルのナオミ・キャンベルとかつて恋愛関係にあったことにちなんだものだった。「ナオモ」は、常にポケットや腰にこぼれんばかりのユーロ紙幣を突っ込んいて、威勢よくばら撒く。ガールフレンドに困り事があると、さっそくベルルスコーニ首相をはじめとする政財界人に、友達口調で携帯電話をかけて解決を試みるというストーリー展開だ。

「ウインド」携帯電話のCMは、その好評を受けて、2008年後半から放映開始された。すでに数編が制作されており、いずれも女優ヴァネッサ・インコントラーダ(30歳)と共演している。クルーザー編では札束を釣竿の先に付けて金の鯛を吊る、といった具合で、番組のときと同様、毎回札束をばら撒く。

「ウインド」は1997年設立の電話会社で、電気通信自由化後のイタリアにおける新電電会社の先駆け的存在。現在固定・携帯およびインターネット通信を手がけ、2009年6月末現在、1750万人以上の契約者がいる。日本の iモード方式も、イタリアで唯一導入している。

日本でも物真似の「ネタ」になったのをきっかけに、本人が再ブレイクしたケースは数多い。苦境のブリアトーレも、それにあやかることができるか?
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集