【新聞ウォッチ】フランクフルトモーターショー“紙上公開”は地味

モータースポーツ/エンタメ 出版物

【新聞ウォッチ】フランクフルトモーターショー“紙上公開”は地味
  • 【新聞ウォッチ】フランクフルトモーターショー“紙上公開”は地味
  • 【新聞ウォッチ】フランクフルトモーターショー“紙上公開”は地味
気になるニュース・気になる内幕…今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップ、内幕を分析するマスメディアクルージング。

2009年9月16日付

●鳩山内閣きょう発足(読売・1面)

●エコも走りも追求、独でモーターショー(読売・8面)

●ミニストップ・スリーエフ、カーシェア事業に参入(読売・8面)

●日航、国内29路線廃止、釧路、帯広など完全撤退(朝日・1面)

●高速無料化ならCO2が3割増、国交省、試算を公表(朝日・7面)

●アルコール依存指導強化検察庁車通勤禁止など通達(産経・26面)

●JDC信託免許取り消し、トヨタ、全株を売却(東京・8面)

●現代自動車、新興国に5000ドル車、まずインドで、価格競争激化(日経・1面)


ひとくちコメント

欧州最大規模の自動車見本市「フランクフルト国際自動車ショー」(フランクフルトモーターショー)が開幕した。15日の初日は報道陣向けの公開日で、一般公開は17日から27日までという。

きょうの各紙は今回のショーの見どころなどを取り上げているが、産経はカラー写真付きで総合面「次世代エコカー“日独対決”」と経済面「ルノーEV試作車PR」とに書き分けたほか、日経は「次世代環境車参入相次ぐ、欧州勢、日本を追い上げ」という記事を企業面のトップで扱った。

しかし、産経、日経を除くと各紙とも地味な報道内容である。毎日は「エコカーずらり」と共同配信の記事を、東京は15日夕刊に「新電気自動車独VW公開」という時事配信の記事を小さく取り上げた。読売は「エコも走りも追求」とわずか10行ほどの短い記事。きょうの朝日の紙面には何も見当たらなかった。

今回は約30カ国から自動車部品メーカーなどを含め750社が出品、82車種が世界初公開となるそうだが、会期中、新聞での“紙上公開”は余り期待できそうにもない。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集