ダイヤモンド電機、09年中間期業績見通しを上方修正…受注量に対応した生産体制

自動車 ビジネス 企業動向

ダイヤモンド電機は、09年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は126億2600万円を予想していたが132億3900万円となる見通し。売上げが下げ止まりつつあるため。

損益では、現在の受注量に対応した生産体制が整いつつあるほか、固定費の削減や原価低減などの利益改善活動が当初計画以上に進展した。このため、営業損益は4億5000万円の赤字から3600万円の赤字、経常損益は5億円の赤字から1億4700万円の赤字に前回予想より赤字幅が縮小する見通し。

中間期損益は5億5000万円の赤字を見込んでいたが1億6900万円の赤字にとどまる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集