キムラユニティー中間期業績見通し…ハイブリッド車増効果で上方修正

自動車 ニューモデル 新型車

キムラユニティーは、2009年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は168億円を予想していたが170億円となる見通し。低燃費ハイブリッド市場が拡大しているため。

収益でも売上げが予想以上なのに加え、原価低減効果が想定以上に寄与、営業利益を2億5000万円から3億5000万円、経常利益を2億円から3億円にそれぞれ上方修正した。

中間期純利益は5000万円を予想していたが1億円となる見込み。

通期業績見通しは下半期が不透明なため、前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集