漫然と前走車の追い抜きを開始し、対向のバイクと正面衝突

自動車 社会 社会

7日朝、富山県高岡市内の県道を走行していた軽乗用車が、前走車を追い抜こうとして対向車線側に進出。直後に対向車線を順走してきたバイクと正面衝突する事故が起きた。バイク運転の男性が重傷。警察はクルマを運転していた26歳の女を逮捕している。

富山県警・高岡署によると、事故が起きたのは7日の午前7時35分ごろ。高岡市頭川(N36.46/E136.57)付近の県道を走行していた軽乗用車が、前走車を追い抜こうと対向車線側に進入。直後に対向車線を順走してきたバイクと正面衝突した。

バイクは弾き飛ばされるようにして転倒。運転していた同市内に在住する31歳の男性は路上に投げ出され、骨折など重傷を負っている。警察はクルマを運転していた氷見市内に在住する26歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

現場は片側1車線の緩やかなカーブ。追い越し可能な区間だったが、逮捕された女の側から右カーブとなっており、対向車線側の通行車両が視認できない状態だった。女は安全を確認することなく、漫然と前走車の追い抜きを開始。これが事故の主因とみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集