探検家マイク・ホーン「われわれは世界になりたい」

エコカー 燃費

探検家マイク・ホーン「われわれは世界になりたい」
  • 探検家マイク・ホーン「われわれは世界になりたい」
  • 探検家マイク・ホーン「われわれは世界になりたい」
  • 探検家マイク・ホーン「われわれは世界になりたい」
  • 探検家マイク・ホーン「われわれは世界になりたい」
横浜ベイサイドマリーナで4日、スイスの探検家マイク・ホーンが乗る「パンゲア号」が来航した。マイク・ホーンは動力付きの移動手段に頼らないことで有名な探険家。赤道周回単独旅行や、北極圏の単独周遊、北極点への到達などを達成している。

今回のパンゲア号では、「青少年団探検プログラム」として、青少年参画の環境活動のための全世界的冒険を行っている。プログラムの内容は、15 - 20歳までの青少年を世界各国から合流させ、様々な教育機関の専門家や、科学者とともに行動し、自然の美しさや環境についての重要なメッセージを友達や、周囲の人々に伝えるというもの。

来航に際しマイク・ホーンは「現在は、南極調査が終了し北極へ向かう途中。その航路で日本を訪れるまたとないチャンスだったので渡航させてもらった」

「現在、アジア圏でこの企画に参加していないのは日本だけとなった。パンゲアの意味である“すべての大地”の通り、我々は世界をつなげる特使として行動しており、このことを日本の皆さんにも知ってもらいたいし、参加してほしいと思っている。私たちは世界をつなげて『世界』になりたいと思っている」と語った。

また、「日本の港に入るのにはちょっと難しかったよ。日本の人はとても礼儀正しいのでいろいろな許可が必要だった。でも、日本に来たことは後悔していない。日本はとてもすばらしい場所なのでもっと外国の船も手軽に来航できるようにしてほしいね」とも述べた。
《佐々木誠》

編集部おすすめのニュース

特集