【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー
【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト
  • 【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト
  • 【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト
  • 【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト
  • 【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト
  • 【フランクフルトモーターショー09】MINI の新提案、クーペコンセプト
BMWグループのMINIは26日、MINIブランドの誕生50周年を記念したコンセプトカー、『クーペコンセプト』を発表した。2シーターのスポーツクーペというMINIの新しい方向性を提案するモデルである。

メカニズムなどの多くはMINIのハッチバックをベースにしているが、大きく異なるのはスタイリングだ。フロントマスクこそMINIシリーズとの共通性を感じさせるものの、リアはトランク部分が張り出したクーペスタイル。特徴的なのは太めのCピラーで、力強さやボディのしっかり感を演出する効果を発揮している。

また、ルーフには軽量アルミ構造を採用。ロールセンターを下げることで、優れたハンドリング性能を追求した。リアは独立したトランクを持つように見えるが、ガラス部分から大きく開口。シートを2シーターとしたこともあり、荷室容量は250リットルを確保した。

ボディサイズは全長3714×全幅1683×全高1356mm。MINIのハッチバック(全長3699×全幅1683×全高1407mm)と比較すると、15mm長く、51mm低い。全幅は変わらない。

クーペコンセプトはMINIシリーズ最強モデル、『ジョンクーパーワークス』の1.6リットル直4ツインスクロールターボ(211ps、26.5kgm)を移植。オーバーブースト時には、最大トルクは28.5kgmに向上する。

インテリアはスポーツシートや3本スポークのレザーステアリングホイールなどで、スポーティな雰囲気を強調。ドライバー正面の大型タコメーターには、2個の「クロノスイス」時計を埋め込んだ。これは初期のMINIのコンセプトカーをモチーフにしたものだ。室内全体には、ブラウンのレザーが効果的にあしらわれている。

MINIクーペコンセプトは、9月15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。ハッチバック、『クラブマン』、『コンバーチブル』に続く第4のMINIとして、正式市販に期待が高まる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ、出現 画像 【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ、出現
  • 【フランクフルトモーターショー09】マツダ、ロードスターの軽量化を追求 画像 【フランクフルトモーターショー09】マツダ、ロードスターの軽量化を追求
  • 【シボレー カマロ 日本発表】写真蔵…21世紀スポーツクーペ 画像 【シボレー カマロ 日本発表】写真蔵…21世紀スポーツクーペ
  • 【VW シロッコ 日本発表】デザインテーマは「マッシブさ」 画像 【VW シロッコ 日本発表】デザインテーマは「マッシブさ」

特集