日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!

自動車 ニューモデル 新型車
日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
  • 日産の新型EV…超未来的ルックスが判明!!
日産自動車は8月2日に正式発表する新型EVのティーザーキャンペーンを開始した。専用サイトでは、その未来的ルックスの一部がチェックできる。

この新型EVは、2010年度に日本や北米市場で先行発売。最大出力108ps、最大トルク28.5kgmを発生する新開発モーターを搭載する。2次電池はコンパクトなラミネート型リチウムイオンバッテリーで、蓄電能力は24kwhと大容量。このバッテリーを床下に配置することで、5シーターの高い居住性を実現する。

充電時間は200Vの家庭用コンセントで約8時間、急速充電器なら30分で80%のチャージが可能だ。最高速140km/h以上、最大航続距離160kmの実用性を確保している。

プラットホームはEV専用に新開発。車体骨格にバッテリーを支える構造体を導入するとともに、バッテリーパックにフレームを内蔵した構造を採用し、高い剛性や静粛性を達成する。新型EVは2012年に量産体制に移行するだけに、専用プラットホームには、日産の相当な意気込みが感じられる。

日産は27日、新型EVの実験車両を公開。それは『ティーダ』をベースにした車両だった。しかし、専用サイトにアップされた新型EVは、非常に未来的なルックス。シャープな印象の大型ヘッドランプや充電用ソケットカバーなど、ひと目でEVとわかる専用ボディが与えられているのが確認できる。

また、フロントノーズが異様に短いキャブフォワードレイアウトになっているのも見て取れる。これは小型ボディで高い居住性を実現するためのアイデアだろう。ボンネット内にエンジンがないEVだからこそ、斬新な外観がデザインできたといえる。

新型EVは8月2日、日産の神奈川県横浜新本社ビルの完成披露式典でベールを脱ぐ。未来的EVの全容が明らかになるのは、もうすぐだ。

URL
http://www2.nissan-zeroemission.com/JP/
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 志賀日産COO、「EVはニッチにさせない」 画像 志賀日産COO、「EVはニッチにさせない」
  • 日産、専用プラットフォームのEV公開…社運をかけて 画像 日産、専用プラットフォームのEV公開…社運をかけて
  • 新車市場低迷、アフター市場に活路あり…セミナー申し込み受付中 画像 新車市場低迷、アフター市場に活路あり…セミナー申し込み受付中
  • 【三菱 i-MiEV】関西電力、13台を導入 画像 【三菱 i-MiEV】関西電力、13台を導入
  • [動画]ルマン24時間を電池2本で…『エボルタ号』デモ走行 画像 [動画]ルマン24時間を電池2本で…『エボルタ号』デモ走行

特集