沖電気、車両位置情報サービスの提供を開始 小型・高機能の車載端末を採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
沖電気、車両位置情報サービスの提供を開始 小型・高機能の車載端末を採用
  • 沖電気、車両位置情報サービスの提供を開始 小型・高機能の車載端末を採用
  • 沖電気、車両位置情報サービスの提供を開始 小型・高機能の車載端末を採用
  • 沖電気、車両位置情報サービスの提供を開始 小型・高機能の車載端末を採用
  • 沖電気、車両位置情報サービスの提供を開始 小型・高機能の車載端末を採用
沖電気工業は、車両位置情報サービス「Locoもび」の新たな車載端末として小型で様々な用途に適合するPNDを採用した『Locoもび powered by PND』を商品化し7月14日からサービスを開始する。

Locoもびは、同社がASP方式のサービスとしてインターネット経由で提供してきたもので、利用者側ではセンターシステム構築などの設備投資が不要で、インターネットに接続されたパソコンと車載端末があれば、すぐに利用可能。車両位置・状態の通知や問合せ、車両走行ルート検索、車両走行軌跡情報提供、ポイント通過通知、道路交通情報提供などのサービスを提供し、インターネットに接続されたパソコンで車両の管理が可能となる。

今回新たに商品化したPNDは、これまでLocoもびのサービス提供に必要であった車載機、状態通知用10キーユニットや情報入力用ハンディーターミナル、カーナビゲーション装置といった機器の機能をPND1台にオールインワンでパッケージ化した。これにより、車載装置の高機能/多機能化、省スペース化、低コスト化が図れる。

PNDでは、メッセージ送受信機能や、事務所からの行先指示と、ナビゲーション機能連携を新たに提供することにより、事務所と車両とのコミュニケーション機能も強化した。また、PNDは、業務アプリケーションを搭載でき、さらに業務アプリケーションとナビゲーションシステムとを連携させることも可能となり、業務の効率化が図れる。

同社は、これらの機能を活用し、従来からサービス提供している物流・配送業務車両への拡大に加え、営業・保守サービス車両等の商用車へも積極的に展開する方針だ。

サービスは、7月15 - 17日までパシフィコ横浜で開催される自動車技術の専門イベント「AT International 2009」でPND車載端末を出展し紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集