BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム

自動車 ニューモデル 新型車
BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム
  • BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム
  • BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム
  • BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム
  • BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム
  • BMWの新型SUV、X1…走りのダイナミズム
BMWは2日、新型『X1』を発表した。動画共有サイトでは、新型の走行シーンを収めたPRビデオが、早くも公開されている。

新型X1は、『X3』や『X5』など、BMWのSAV(スポーツアクティビティビークル)シリーズの入門車に位置づけられる。BMWはデザインにあたって、スポーティさやエレガンスさ、多様性を重視。ひと目でBMWとわかるルックスと、プレミアムコンパクトSUVにふさわしい高級感が表現された。

ボディサイズは、全長4454×全幅1798×全高1545mm、ホイールベース2760mm。X3と比較すると、110mm短く、60mm幅狭く、140mm低い。ホイールベースは35mm短い。とくにX3と比較して140mmも低い全高が、X1のスタイリッシュさを際立たせている。一方、悪路走破性を確保するため、最低地上高は194mmに設定された。

日本にも導入されると思われるガソリン仕様は、現時点では1グレードのみ。3.0リットル直6(258ps/6600rpm、31.6kgm/2600 ‐ 3000rpm)を「xドライブ28i」に搭載する。パドルシフト付き6速ATとの組み合わせで、0 ‐ 100km/h加速6.8秒、最高速205km/hの卓越したパフォーマンスを実現。欧州複合モード燃費は10.64km/リットル、CO2排出量は219g/kmだ。駆動方式は、フルタイム4WDの「xドライブ」となる。

室内は、モダンかつ機能的で、ドライバーオリエンテッドな空間。見晴らしのいい高めのシートポジションや、大人4名に十分な居住性を備える。オプションのパノラマガラスルーフは、さらに開放感を引き上げてくれる。後席シートバックは、3分割可倒式。荷室容量は通常420リットル(VDA計測法)だが、後席を倒すと1350リットルに拡大する。操作系を集約した「iドライブ」は最新バージョンとなり、USBポートやHiFiオーディオ、「ビジネス&プロフェッショナルナビゲーション」も用意された。

新型X1は、9月のフランクフルトモーターショーで正式発表。欧州では10月24日に発売される。新型の高い走りの実力をうかがわせるPR映像は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース