GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)は、日本国内で今秋より2010年モデルシボレー『カマロ』を販売すると発表した。導入予定モデルは「LT」(3.6リットル直噴V6エンジン)と「SS」(6.2リットルV8エンジン)の2モデル。価格はLTが420万円の予定。

自動車 ニューモデル 新型車
GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
  • GMジャパン、シボレー カマロ を今秋発売
ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)は、日本国内で今秋より2010年モデルシボレー『カマロ』を販売すると発表した。導入予定モデルは「LT」(3.6リットル直噴V6エンジン)と「SS」(6.2リットルV8エンジン)の2モデル。価格はLTが420万円の予定。

シボレーカマロは、4シーター・アメリカンスポーティーカーの象徴、1967年に初代モデルが販売され、2002年に4世代目の生産を取りやめているが、新モデルとして登場する。エクステリアのデザインは初代モデルをモチーフとした。

燃費性能は、米国EPA公表値でV6エンジン搭載のモデルでは、市街地で7.7km/リットル(高速では12.3km/リットル)、V8エンジン搭載のモデルでは、市街地で6.8km/リットル(高速では10.6km/リットル)、と従来のモデルから大幅に改善され、昔ながらの「アメリカ車=低燃費」のイメージを払拭する仕様とした。

GMAPJでは、今回のカマロの導入で、日本での事業が力強く行われていることをアピールし、新生GMの設立に向けてさらなる弾みをつけるとしている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集