【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”

自動車 ニューモデル 新型車

【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
  • 【ルノー コレオス 日本発表】安全性のテーマは “安らぎ”
新型車『コレオス』にはトルク配分4WDやユーロNCAPで5つ星の衝突安全性能など、高い安全装備が備わるが、それ以上にこだわったのが「運転時のストレス」についての研究だったという。

「安全のメインテーマは『安らぎ』でした」と語るのはマーケティング部商品計画グループ、フレデリック・ブレンマネージャー。コレオスは「誰でも、乗った瞬間に操作できること」が開発の大前提で、ストレスを感じさせないために「ルノーは操作するボタンの数を最小限にするよう努めています」とのこと。

特にこだわったのが緊急時などに表示されるアラームで、全てのランプが点灯し運転者がパニックになることを避けるため、危険度の順位をクルマが判断し、優先度の高いものから表示させるというシステムを開発した。

例えば「停車中にエンジンが掛かっていて、サイドブレーキは引いておらず、リアゲートが開いている」といった状況でも、全てをアラート表示するのではなく、まず何をすべきかをクルマがひとつづつ教えてくれるため、運転者はストレスを感じることなく、運転や操作に集中できるのだという。

このシステムには2か月もの期間実車でのテストが行われ、実に1万8000ケースものパターンがコンピュータにつめ込まれているということだ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集