三菱自と三菱商事、中国での販売体制を強化…輸入・販売会社が営業開始

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自と三菱商事、中国での販売体制を強化…輸入・販売会社が営業開始
  • 三菱自と三菱商事、中国での販売体制を強化…輸入・販売会社が営業開始
三菱自動車と三菱商事は31日、中国で三菱車を輸入・販売する新会社、三菱汽車銷售(シャオショウ)(中国)有限公司が4月1日から営業を開始すると発表した。

三菱自、三菱商事は2月4日、折半出資で三菱汽車銷售を設立した。今後、人員の増強やマーケティングの強化、ディーラーとの関係強化、部品供給の迅速化、顧客満足度向上のためのアフターサービスの充実など、販売拡大に向けての施策を展開する。

三菱自の中国の輸入完成車事業は、2005年に三菱商事の中国現地法人である三菱商事(上海)が販売を開始して以来、堅調に推移しており、2006年度が4124台で前年比115%増、2007年が1万1537台で同179%増と伸張を続けている。輸入完成車事業に三菱自も参画し、新体制をスタートさせるこで、競争が激化する中国市場でシェア拡大を図る。
 
営業開始に先立ち、2008年1月には、新型『パジェロ』、同9月に新型『ランサーエボリューション』、同11月に新型『ランサー』、2009年1月に『エクリプス』を投入し、現在合計6車種の輸入完成車を販売している。三菱汽車銷售は、市場の拡大が期待される中国輸入車市場に魅力ある商品を継続的に投入し、販売強化を図っていく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集