ダイヤモンド電機、期末配当を5円減配

自動車 ビジネス 企業動向

ダイヤモンド電機は30日、2009年3月期の期末配当を1株当たり2円に減配すると発表した。

同社では期末配当については2月に業績見通しを下方修正した際、「未定」としていたが、事業環境は厳しい状態が続いているため、前年実績と比べて5円減配の2円とする。
 
中間配当は6円を実施したため、年間配当金は8円となる見通し。
 
同社では経営責任を明確化するため、役職に応じて最大で30%の報酬減額を実施している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集