三菱自動車本社にエコ型ショールームがオープン

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は27日、LEDなどの省エネ照明や、内装に土や植物などの自然素材を用いた本社(東京都港区)ショールームをオープンさせた。

今回のエコ型ショールームは、従来のショールーム照明に比べ消費電力量を約35%低減、年間約19tのCO2排出量を削減しながら従来と同じ程度の明るさを確保している。

また同ショールームは、「優れた省エネ効果を達成しながらも、魅力的な空間を創り出す新しい照明デザイン」を持つ「省エネ照明デザインモデル店」として環境省に認められ、省エネ照明導入モデルとして導入手法や取組みのアイディアなどを広く普及していく役目を担っている。

屋内外には、『パジェロ』『ランサーエボリューションX』『デリカD:5』『アウトランダー』『i MiEV』などが展示され、企画展示スペース「環境ギャラリー」には手作りテラコッタタイルによる床、緑がふんだんに用いられた「ウォールガーデン」、「パジェロの森・ふるさとの山再生活動」のさいに発生した間伐材を利用したベンチなどが施されている。
 
展示時間は9 - 20時(予定)。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集