トヨタ、大阪ガス、京セラ、アイシンが家庭用SOFCコジェネを共同開発

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車、大阪ガス、京セラ、アイシン精機は25日、家庭用固体酸化物形燃料電池(家庭用SOFC)コージェネレーションシステムを共同で開発することで合意した。

家庭用SOFCコージェネレーションシステムは、総合効率に占める発電効率の割合が高いことから、熱需要が少ない住宅でも環境性・経済性のメリットを充分に発揮できる。また、発電ユニットが小型で、排熱量が少なく貯湯温度が高いことから、排熱利用給湯暖房ユニットもコンパクトに設計でき、スペースに制約のある戸建住宅や集合住宅への設置性に優れる。
 
大阪ガスと京セラは、環境に優しい家庭用SOFCコージェネレーションシステムの普及拡大を図るため、2004年から共同開発に着手、耐久性の向上、システムの小型化など、実用化に向けた取り組みを推進してきた。2007年度から、「固体酸化物形燃料電池実証研究」に参画して、大阪ガスエリア内で45台を実居住住宅で運転し、省エネルギー性を実証してきた。
 
一方、トヨタとアイシン精機は、2001年から共同で発電出力1kW級の家庭用固体高分子形燃料電池(家庭用PEFC)コージェネレーションシステムの開発を行なってきた。2006年度からは「定置用燃料電池大規模実証事業」にも参画し、76台のシステムを実居住住宅に提供して一次エネルギー消費量の低減やシステムとしての信頼性を検証してきた。
 
今回、主に大阪ガスが排熱利用給湯暖房ユニット、京セラとトヨタ、アイシンが発電ユニット(SOFCのセル及びスタックは京セラ)を担当して家庭用SOFCコージェネレーションシステムを共同開発し、4社で評価などを実施する。
 
今後4社は、大阪ガスの排熱利用などのコージェネレーション技術、京セラのファインセラミック技術、トヨタとアイシンのシステム化技術といった、各社が培ってきた技術やノウハウを統合・活用することで、家庭用SOFCコージェネレーションシステムの開発を加速、2010年代前半の開発完了を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集