【東京モーターショー09】会期が4日短縮、出展者・展示面積は半減

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会は24日、今秋に開催される「第41回東京モーターショー2009」の開催期間を正式に発表した。昨年の発表時から4日間短縮し、2009年10月23日 - 11月4日の計13日間となる。

経済不況を受け、米ビッグスリーをはじめ、欧州メーカーもフォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、ランボルギーニなどが出展を見送る。また、大型商用車と車体部門の展示を取り止め、展示面積を縮小してコンパクトな形で展示を行う。

今回、出品者数は8か国、1地域から3政府、1団体、122社。展示面積は2万2594平方mとなる。今回、新たにカロッツェリア部門を設定し、3社が出品を予定している。


前回ショー実績の11か国、1地域、4政府、1団体、241社、4万4587平方mと比べ、出品者数は部品部門を中心に120(1政府、119社)減少し、展示面積は49%減少とほぼ半減となった。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集