ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走

自動車 ニューモデル 新型車

ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走
  • ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走
  • ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走
  • ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走
  • ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走
  • ジウジアーロのハイブリッドスポーツ、サーキットを疾走
ジョルジェット・ジウジアーロ氏が率いるイタルデザインとFrazer-Nash社は、ジュネーブモーターショーで『Namir』を発表。動画共有サイトではCG(コンピューターグラフィック)ながら、その走行シーンを公開している。

Namirは、充電専用のエンジンを搭載し、基本はモーターのみで走行するプラグインハイブリッド車だ。フロントに2、リアに2の合計4個のモーターは、トータル出力370psを発生。2次電池は定格電圧400Vのリチウムイオンバッテリーで、バッテリー残量が少なくなると、充電専用の814ccロータリーエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーの充電を行う。

前後2個ずつのモーターが発生する強力なパワーは、0-100km/h加速3.5秒、最高速300km/hオーバーの実力を発揮。それでいて、燃費は39km/リットル、CO2排出量は60g/kmというから、時代のニーズにぴたりと照準を合わせている。

イタルデザインが設計したボディは、エッジの効いた面構成やガルウイングドアなどが、スーパーカーらしさを演出。明るいオレンジのボディカラーに、ブラックのグリルやウィンドウを組み合わせて、Namir=虎をイメージしている。ボディサイズは全長4560×全幅1972×全高1186mm、ホイールベース2630mmだ。

今年のジュネーブのベストコンセプトカーとの評価も高いNamir。そのPR映像は動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集