アウディ創立100周年…記念展覧会をドイツで開催

自動車 ビジネス 企業動向

アウディ創立100周年…記念展覧会をドイツで開催
  • アウディ創立100周年…記念展覧会をドイツで開催
  • アウディ創立100周年…記念展覧会をドイツで開催
アウディは11日、ドイツのアウディミュージアムで「From Horch to Audi」(ホルヒからアウディへ)を開始した。アウディ創業100年を記念した特別展覧会で、貴重な名車が数多く公開される。

アウディはAugust Horch(アウグスト・ホルヒ)氏が設立したホルヒ社が前身。同社は1901年に自動車の生産をスタートする。しかし、技術者としては優秀だったホルヒ氏だが、経営者としては成功したとはいえず、1909年には会社を追われる。

そして、ホルヒ氏はすぐに新会社を設立するが、1910年、旧ホルヒ社からのクレームにより、社名をホルヒからアウディへ変更。これがアウディの生まれた瞬間である。ホルヒとはドイツ語で「聞く」を意味するが、アウディもラテン語の「聞く」を意味することから、アウディという社名に決まったといわれている。

アウディの第1号車は1911年に発表された『アウディタイプA』。2.6リットル4気筒エンジン(22ps)を搭載し、ボディは4ドアオープンの「スポーツフェートン」と呼ばれるタイプだった。当時は右ハンドル車だったことも特筆できる。チェコのプラハ国立技術博物館に収蔵されている同車が、今回の特別展のためにアウディに貸し出された。

もう1台、今回の特別展で要注目のモデルが1935年式『アウディ225フロントスペシャルロードスター』。生産台数わずか2台という超希少車で、第2次世界大戦後の混乱期に行方不明となっていた。2台のうち、1台のシャシーが発見。アウディがこれを買い取り、コーチビルダーのZinke社と共同で、当時の写真や資料を基に美しいロードスターが復元された。今回の特別展が、同車の初公開の舞台となる。

ほかにも、1913年式『アウディタイプE』や1923年式『アウディタイプM』など、アウディの創成期を彩った13台の名車を展示。この特別展は7月16日まで開催される。

今年はアウディ、ブガッティ、モーガンなどが創立100年を迎える。「ブランドは1日にして成らず」を実感させてくれるメモリアルイヤーである。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集