アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統

自動車 ニューモデル モーターショー

アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統
  • アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統
  • アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統
  • アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統
  • アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統
  • アルファロメオ MiTo GTA…そのルーツに息づく血統
アルファロメオはジュネーブモーターショーで『MiTo』の最強グレード、「GTAコンセプト」を発表した。動画共有サイトでは、そのPR映像を公開している。

アルファロメオ伝統のネーミング、GTAとは「グラン・ツーリズモ・Alleggerito(軽量化)」の意味。アルファの歴史において、初めてGTAの名を冠したモデルは、1965年に登場したレース専用車の『ジュリアスプリントGTA』だった。最近では『156』や『147』に、「GTA」がラインナップされたことがある。

MiToに設定されたGTAは、新開発の1742cc直4ターボを搭載。直噴システム、デュアルバリアブルバルブタイミング、専用コンピューターなどの採用により、最大出力240psを発生する。GTAの伝統にのっとって軽量化も徹底的に施され、ルーフ、リアスポイラー、ドアミラーなどにカーボンを使用。サスペンション、ブレーキ、シャシーの一部などがアルミ化された。

足回りは専用サスペンションを採用し、車高は20mmローダウン。フロントはジオメトリーを変更し、リアはブッシュを新調するとともに、アクティブサスを導入した。ブレーキも強化され、ステアリングフィールの見直しも図られている。

外観はメッシュの大型エアインテークを持つ専用フロントバンパー、リアのディフューザー、センター2本出しの大径マフラー、19インチの専用アルミホイール&ワイドタイヤなどを装着。迫力のルックスを生み出している。

MiToのGTAコンセプトは、現時点ではコンセプトカーだが、年内には正式発売される見込み。GTAのルーツ、ジュリアスプリントGTA も登場するPRビデオは、メイキング映像とともに、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集