ホンダ フリード をインドネシアで生産・販売・輸出へ

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは11日、インドネシアの四輪車生産販売合弁会社であるPTホンダプロスペクトモーターが、6月からミニバンの『フリード』の生産・販売を開始すると発表した。年内に、東南アジア数か国への輸出も開始する。フリードを日本以外で生産・販売するのは初めて。

インドネシアでは、MPVと呼ばれる多人数乗りタイプの需要が高く、市場全体の約4割を占めるまでに拡大している。ホンダはフリードで、ニューファミリーをターゲットに「快適でスタイリッシュなミニバン」という新しい価値を提案する。

フリードは、コンパクトなボディサイズに3列シートを配置したミニバンで、日本では2008年5月末に販売開始。2008年下半期(7 - 12月)の累計販売台数がミニバン部門で第1位となった。
 
インドネシアで生産するフリードは、タイ、マレーシア、フィリピンなどのアセアン地域を中心に部品を調達し、競争力ある商品づくりを目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集