【リコール】クボタ 刈取脱穀作業車…駐車ブレーキ、防塵カバー、排気管

エコカー 燃費

クボタは10日、農業機械である刈取脱穀作業車4車種の駐車ブレーキなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年9月14日-2008年11月11日に製作された893台。
 
駐車ブレーキについては、ブレーキペダルおよびケーブルを固定しているブラケットの強度不足のため、ブラケットが変形し、駐車制動力が低下するおそれがある。
 
また、原動機冷却装置用防塵カバーについて、カバーのロック形状が不適切なため、完全にロックできず、カバーが走行中に解放して他の交通を妨げるおそれがある。
 
さらに、排気管の強度が不足しているため、排気管に亀裂が発生して折損し、騒音が増大するおそれがある。
 
不具合の対象車両毎に、駐車ブレーキは一式を対策品に交換、防塵カバーはロック部を対策品と交換、排気管と取付ステーを対策品と交換する。
 
不具合発生件数は、駐車ブレーキが17件、防塵カバーが8件、排気管が4件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集