トヨタ、米国新車販売は37.3%減…2月実績

自動車 ビジネス 企業動向

米国トヨタ販売は3日、2月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は10万9583台で、前年同月比は37.3%のマイナスだった。

トヨタブランドの乗用車系では、ベストセラーセダンの『カムリ』が前年同月比38.4%減の2万0634台、『カローラ』が11.1%減の1万8103台、新型発売が間近の『プリウス』は30.8%減の7232台と、主力車種が不振。『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』/『ベルタ』)も、49%減の4779台と大ブレーキとなった。1月に発売されたばかりの新型クロスオーバー、『ヴェンザ』は2315台とまずまずの立ち上がりだ。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、『RAV4』が15.7%減の8398台、『シエナ』が50.7%減の5334台となったのをはじめ、『タンドラ』が58.6%減の5726台、『ハイランダー』が50.4%減の5008台と大幅ダウン。昨年まで売れていた『ランドクルーザー200』も、66.2%減の128台と勢いがない。

レクサスブランドでは、『ES』が44.1%減の2575台、『IS』が42.7%減の2147台、『LS』が61.4%減の700台と大幅な落ち込み。好調だった高級SUVの『LX570』も48.6%減の281台と不振が目立つ。そんな中、新型を2月に投入した『RX』は、6.9%減の6218台とマイナス幅を最小に抑えたのが注目できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集