新車販売、24.3%減、7か月連続前年割れ…2月

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車輸入組合が発表した2月の新車販売台数は、前年同月比24.3%減の38万582台と大きく落ち込んだ。7か月連続の前年割れで、登録車が大幅減となったほか軽自動車も低迷してきた。

ブランド別では、トヨタが同32.0%減の9万8808台がシェアトップだったが、2位はスズキで同8.2%減の5万7932台、3位がダイハツで同7.1%減の5万7626台と、軽自動車が主力のブランドが急浮上した。
 
4位は日産で同27.3%減の5万5589台、5位がホンダで同20.2%減の4万5997台だった。
 
6位のマツダは同35.7%減の1万6011台、7位のスバルが同26.7%減の1万4788台、そして三菱自動車は8位に転落、販売台数は同33.6%減の1万3623台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集