【リコール】マツダ タイタン、ボルト折損で走行不能

エコカー 燃費

マツダは5日、小型トラック『タイタン』のロアアームに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年11月1日-2008年12月1日に製作された1万2333台。
 
不具合は2つで、(1)フロントサスペンションで、ロアアームとロアアームボールジョイントの組み付け工程が不適切なため、ボルトの締め付け力が不足するものがあり、ボルトが緩んで折損し、走行不能となるおそれがある、(2)リコール届出番号1821の市場措置で、ロアアームまたはロアアームボールジョイントを交換した場合のボルトの締め付け方法が不適切なため、ボルトの締め付け力が不足し、ボルトが緩んで折損し、走行不能となるおそれがある。

全車両、ボルトの締め付け状態を点検し、ボルトとロアアーム表面に隙があったりボルトが脱落、折損している場合は、ロアアーム一式を新品と交換する。ボルトとロアアーム表面に隙がない場合は、規定トルクで締め付ける。
 
不具合発生件数は(1)が8件、(2)が0件で、(1)は市場からの情報で、(2)は社内情報により発見した。いずれも事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集