【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
  • 【ジュネーブモーターショー09】ブガッティ ヴェイロン …ブランド誕生100周年記念車
ブガッティは3日、ジュネーブモーターショーで『ヴェイロン』の「Bleu Centenaire」を発表した。ブガッティが誕生して100年を迎えるのを記念した特別モデルだ。

ブガッティブランドが誕生したのは1909年。数多くの名車を送り出してきたブガッティだが、2005年の東京モーターショーで披露された『ヴェイロン16.4』こそ、究極のヴェイロンといえる。

ヴェイロン16.4は8.0リットルW16気筒エンジンに4つのターボチャージャーを追加。最大出力1001ps、最大トルク127.5kgmという途方もないパフォーマンスを発揮する。最高速度は407km/hで、当時のワールドレコードを記録した。

今回のBleu Centenaireは、ヴェイロン16.4のロードスター版として2008年のペブルビーチ・コンクールドエレガンスで発表された『グランスポーツ』がベース。ブガッティの誕生100周年を記念して、多くの特別装備が盛り込まれた。

まず、目を引くのはツートンのボディカラー。ブガッティは伝統的にツートンのボディカラーを使用し、「ブガッティブルー」と呼ばれる青が有名だ。Bleu Centenaireのボディカラーも伝統のブルーだが、「スプリントブルーマット」と「スプリントブルーグロス」という微妙に光沢や色合いが異なる2種類のブルーで塗り分けられた。

また、ルーフトリムストライプやドアミラーはアルミポリッシュ仕上げ。フロントグリルやサイドエアインテークはミラーシャイン仕上げとされた。専用アルミホイールやレッドのブレーキキャリパーも、特別なモデルであることを強調している。

室内はスノーベージュレザーという明るいホワイト系レザーを贅沢に使用。センターコンソールにまで、このレザーがあしらわれた。シートはキルトパターン。ヴェイロンには、今年からLED室内灯、パークディスタンスコントロール、リアビューカメラが標準化されており、このBleu Centenaireにも装備される。

価格は135万ユーロ(約1億6600万円)。ブガッティによると、ヴェイロンは2006年の発売以来、約200台を納車し、約50台のバックオーダーを抱えているという。ブガッティは当初から、ヴェイロンの生産台数は300台を上限とすると明言しており、ヴェイロンは、あと50台しか生産されないことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集