【人とくるまのテクノロジー2017】ブガッティ ヴェイロン / シロン のW16エンジンブロックを発見

自動車 ビジネス 企業動向

ブガッティ・ヴェイロン/シロン用のW16エンジンブロック。
  • ブガッティ・ヴェイロン/シロン用のW16エンジンブロック。
  • VWの新型エンジンEA211型のブロックと、コーティングする機材。先端のノズルからプラズマを照射しながらコーティング材を噴射して、シリンダーボアをコーティングする。
V型かと思いきや、W16型のシリンダーブロック。これはあの超弩級のスーパースポーツ、ブガッティ『ヴェイロン』/『シロン』のシリンダーだ。これを人とくるまのテクノロジー2017に展示していたスイスのエリコンメテコは、表面処理技術のメーカー。

特にVWグループとつながりが強く、いくつものブランドで同社の技術が導入されている。これまでポルシェ『918スパイダー』などの高級スポーツのシリンダー内壁コーティングを提供してきたが、VWの新型「EA211」TSI PHEVエンジンにも採用されているそうだ。

「VWが採用したコーティングはポルシェやブガッティに供給しているモノとは少し異なります」と同社説明員。VWはアルミシリンダーに合金鋼をコーティングしているが、ポルシェやブガッティのシリンダーボアにはより潤滑性の高いモリブデンをブレンドしているそうだ。アルミシリンダーでスリーブレスとすることによりボアピッチを短縮、冷却効率の向上、軽量化やコストダウンが望めるのがコーティングの強み。

「ホーニングのクロスハッチと異なり、多孔性の表面のためオイルの保持性にも優れています」。同社は粉体のコーティング素材のブレンド、さらには施行のための機材なども開発しトータルで提供できるのが強みだ。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集