新日石、カーボンフリーの実証施設を完成 「創エネハウス」

エコカー 燃費

新日本石油は3日、横浜市港北区に「住宅用総合エネルギーシステム」の実証試験の拠点として「創エネハウス」を完成したと発表した。

創エネハウスは、高断熱・高気密性能に加え、太陽熱利用や空気循環などによる空調負荷の低減を図った先進的なモデル住宅に、家庭用燃料電池システム『エネファーム』、太陽光発電システム、蓄電池システムなどの最先端のエネルギー機器を設置したもの。一般住宅における実質的なカーボンフリー達成の実証を行う。
 
実証試験では、同社関係者などが実際に居住・生活し、複数のエネルギー機器の組合せにおける家庭のエネルギー消費動向についてデータを収集、家族構成、ライフスタイルごとにその環境性、快適性、経済性について検証する。
 
また、「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」を設置し、リアルタイムでのCO2排出量やエネルギー使用量・金額を見える化することで、居住者の省エネ行動も検証する。
 
同社は、ここで蓄積したデータをもとに、ライフスタイルに応じた機器の効果的・効率的な組み合わせや、運転制御方法について開発、2010年度に有効な省エネ行動の提案を含めた「住宅用総合エネルギーシステム」の商品化を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集